仕事のための勉強、と一概にいっても、大別すると二種類あると思われます。まず今実際に行っている仕事で必要な知識、または資格のための勉強。もう一つは別のキャリアへ進むため、転職を行うための勉強です。

目的によってバランスの取り方を変える

勉強の目的が最初の理由、「今の仕事」のための場合は簡単です。今の仕事を最優先し、残った余力を勉強にあてるだけです。その仕事についてから絶対に取らなければいけない資格がある、という業種や職種はあまり多くはないでしょうから、こういった勉強はあくまでその会社でのキャリアアップのためということになると思います。自身のペースで無理せずできる範囲で勉強に取り組めばいいということです。

では「次の仕事」のための勉強の場合はどうでしょう。その場合おそらく本人には具体的な将来のプランがあって、そのために転職や資格が必要になっているのだと思います。そうなるとある程度の将来における時間割が存在しているということになります。たとえば資格の結果発表の期日のあとに転職したい、のような感じです。つまり「次の仕事」のための勉強の場合、時間的な制約が存在する、ということになります。

このケースではある程度の無理をしなければならなくなるかもしれません。ただそれで身体を壊してしまったら本末転倒ですから、仕事と勉強のバランスの調整をする必要があります。あなたにとって最重要事項は次の仕事やそのための資格なので、迷惑をかけない程度に「手を抜く」ということも必要になるのかもしれません。